薄毛対策

【薄毛メンズ】パーマでハゲは隠れるの?失敗例も公開

塾生
薄毛を隠すのにパーマをかけようと思ってる。だけど、うまくいくか不安で一歩が踏み出せない。薄毛で頭皮が見えている所をパーマで隠すことができるの?

 

パーマをかけると薄くなってる所が隠れるし、イメチェンにもなって一石二鳥!と、思ってるそこのあなた。必ずしもそうとは限りません。

結論から言うと、薄毛の度合いによって変わってきます。

また、パーマをかけると頭皮や髪が傷む恐れがあるのでメリットばかりではありません。

失敗したくないですよね?

今回は次の事について深掘りしていきます。

 

目次

1、薄毛の人がパーマで失敗する例

 1−1髪の量が少ないとダメ

 12パーマがゆるい

 13頭皮が弱い人はNG

 

2、パーマでハゲを隠す    

  21パーマの種類

  22ハゲてる部位で選ぶ

  23髪型も変えるとより良い

 

パーマをかける前に、まずはあなたの頭の現状を知りましょう。それからでも遅くはありません。

 

薄毛の人がパーマで失敗する例

 

何も考えないで美容室に行ったら失敗する確率が高くなります。まずは落ち着いて、本当にパーマをかけるべきか?

次の3つの注意点を読み、自分に問いただしてください。

 

髪の量が少ないとダメ

 

そもそもパーマをかけるのに髪の量が少ないと論外です。なぜなら、毛が少ないとパーマをかけても薄くなってる部分が隠れないからです。では、少ないとはどのようなことをいうのでしょうか。

 

 

引用元:NAVERまとめ

 

このように髪の量が少ないとパーマをかけても無意味です。

パーマで毛が太くなるなら量が少なくても良いのですが、そうではありません。毛に癖をつけてボリュームを出すのがパーマです。パーマをかければなんとかなると思ってるそこのあなた、毛量は大丈夫ですか?

上の画像みたいに少ないと失敗しますよ?

 

パーマがゆるい

 

パーマはがっつりかけましょう。パーマがかかってるのかわからない、あまり変わらない、だと意味がありません。

 

・美容師さんに写真を見せる

・念を押して、強めにしてと言う

 

これが失敗しない方法です。

美容室に行く前に、あなたがやってほしいパーマの画像を必ず調べて保存しておきましょう。

口頭で伝えるより、美容師さんが出来上がりをイメージしやすくなるのでその方が確実です。

最後に念を押して「強めで」と一言加えると尚良いです。パーマをかけてがっかりしたくないなら、事前の準備は必須です。

 

頭皮が弱い人はNG

 

頭皮、または皮膚が弱い人はやめた方がいいです。パーマに使う薬剤で頭皮にダメージが加わり、炎症やかゆみの症状が出る場合があります。薄毛を隠す目的なのに、悪化する恐れもあります。

 

ココに注意

・頭皮に炎症が起きて抜け毛が増える

・頭皮環境が悪くなると毛が育たない

 

パーマに使う薬剤はアルカリ性のものを使っており、頭皮が弱い人は荒れてしまう恐れがあります。その結果、抜け毛が増えるといった悪循環になります。

それともう1つ、髪の毛が育つのに頭皮の環境は大切です。

頭を畑だと思ってください。良い土じゃないと苗は育ちません。

 

メモ

頭皮

→ 髪の

 

せっかくパーマをかけても頭皮が炎症を起こして痛い思いをし、抜け毛が増えては意味がありません。

あなたの頭皮の状態はどうですか?

もし、パーマをかける事にためらっているなら、他にも薄毛を目立たなくする良い方法があります。

 

【注目】薄毛の人がやって良い髪型とダメな髪型を紹介

塾生 どんな髪型にしたら薄毛が目立たないのか知りたい。また、薄毛が目立ってしまう髪型も知りたい。   薄毛対策の1つとして、髪型を変えるという方法があります。髪型を変えるか迷ってる人は、すぐに変えてく ...

続きを見る

 

ハゲを隠すパーマ

 

上記を読んで、失敗する恐れがないと思ったらパーマをかけましょう。

 

パーマの種類

 

まずはどんなパーマの種類があるのか見ていきましょう。ここでは3つのパーマを紹介します。

 

ツイストパーマ

引用元:HOT PEPPER Beauty

その名の通りツイスト(ねじる)という意味のパーマ。細かいウェーブが特徴で、ねじりの強弱によって見た目が変わるので飽きないパーマです。弱点は、髪が長すぎるとパーマがへたってしまいます。

 

コールドパーマ

引用元:ビューティーBOXヘアスタイル

ウェット時にウェーブが強くなり、乾かすとゆるくなります。

根元からしっかりとパーマがかかるので、トップ、サイド、襟足のバランスが良いのが特徴。

 

ピンパーマ

引用元:HAIR ST.GEORGE

他のパーマと違い、無造作感、くせ毛感のあるパーマです。なので自然な仕上がりになります。

また応用として、ピンパーマにツイストパーマを加えることでねじり効かせたツイストピンパーマなど、アレンジができるのも特徴です。

 

パーマにも色々な種類があります。その中からあなたに合ったパーマを見つけましょう。詳しくは次の項目をチェック。

 

ハゲてる部位で選ぶ

 

あなたが気に入ったパーマをかけても良いのですが、薄くなってる部位に適したパーマをかけてみてはどうでしょうか?そうすることで、より地肌が隠れますよ。

 

頭頂部ハゲ

コールドパーマがおすすめです。根元からしっかりとパーマがかかるので、頭頂部の薄くなってる所を目立たせなくするのに効果があります。

 

M字ハゲ

ツイストパーマやピンパーマで頭頂部にボリュームを出しましょう。そうすることで広くなったおでことのバランスが良くなります。

 

薄くなってる部位でパーマを選ぶと良いでしょう。それぞれのパーマの特性を活かせば、ハゲてる所をカバーしやすくなります。

 

髪型も変えるとより良い

 

パーマと同時に髪型も変えるとさらに薄毛も目立たなくなり、ワンランク上の男になるでしょう。薄毛対策を2つ同時に行えば効果も2倍です。

 

サイドを刈り上げる

 

引用元:HOT PEPPER Beauty

特にM字ハゲの人におすすめしたいのがサイドの刈り上げです。おでことサイドの境目を無くすことで、M字ハゲが分かりづらくなります。

 

前から後ろに流すスタイル

引用元:HOT PEPPER Beauty

頭頂部ハゲを隠すにはもってこいの髪型でしょう。トップから前に流すのでなく、前からトップに流すと薄くなってる頭頂部が隠れます。

 

パーマをかけて終わりでなく、できるなら髪型も変えてほしいところです。パーマと髪型、この2つは薄毛対策には最強のタッグでしょう。

 

まとめ

パーマはハゲてるところを隠すには良い方法ですが、同時にデメリットもあります。

そのデメリットも理解した上で、自分はパーマをかけても大丈夫なのか?と、判断していただきたいです。失敗はしたくないですよね?

-薄毛対策

Copyright© 男の育毛塾 , 2020 All Rights Reserved.