薄毛対策

【注目】虫歯があると薄毛になるって知ってました?

塾生
 虫歯があると薄毛になるって聞いたことがあるけど本当なの?

虫歯が薄毛と関係ないように思えるけど、もしかして事実ではない?

 

想像できないかもしれませんが、虫歯があると薄毛になります。それにはちゃんとした理由があります。

気になる方はこのまま読み進めてください。

 

目次

1、虫歯があると薄毛になります 

 1−1噛み合わせ   

 12ストレス    

  13ケラチンの突然変異

 

2、虫歯以外にも薄毛の原因がある

   21金属アレルギー   

 

3、虫歯を解決するには     

 31毎日歯磨き   

        32銀歯をセラミックに変える

   33定期的に歯医者に行く

 

本記事では上記について深掘りしていきます。

 

虫歯があると薄毛になります

薄毛に全く関係なさそうな虫歯。ですが薄毛の原因の1つなのです。

それはなぜか?さっそく見ていきましょう。

 

噛み合わせ

 

虫歯があると噛み合わせが悪くなります。

皆さんも経験があるのではないでしょうか?食べる時に虫歯じゃない方ばかりで噛みますよね?

その結果、顎が歪んでしまいます。歪むとどうなるのか?

歪んだ周辺の筋肉が圧迫されて、血行が悪くなります。血行が悪くなるということは、頭皮に栄養が行かなくなるので抜け毛が増えます。

このような繋がりがあるなんて想像もつかなかったでしょう。

噛み合わせが悪いと薄毛の原因になります。

 

ストレス

 

簡単に言うと、虫歯があるとストレスを感じます。その結果、薄毛になるのです。詳しく説明していきます。

 

  1. 虫歯があるとうまく噛むことが出来ない
  2. うまく噛めないとストレスになる
  3. ストレスを感じると自律神経が乱れて血行が悪くなる
  4. 血行が悪くなると薄毛になる

 

それではうまく噛めないストレスとはどのよなことを言うのでしょうか?

 

・虫歯のせいで噛むのに時間がかかる

・虫歯のせいで満足に食事が出来ない

・虫歯のせいで噛める食べ物が制限される

 

このような経験をしたことはありませんか?

噛みたいのに噛めない!と思うほどストレスが溜まります。その結果、血行が悪くなって薄毛になるのです。

 

ケラチンの突然変異

 

ケラチンというのは、歯の周りを覆っているエナメル質に必要な成分なのです。

ケラチン遺伝子が突然変異するとエナメル質がなくなり、虫歯になりやすくなるのです。あれ?薄毛と関係なくない?と思った人、実は髪の毛にもケラチンは重要な成分なのです。

なぜなら、髪の成分は99%ケラチンといったタンパク質で作られているからです。

 

・ケラチン遺伝子が突然変異 虫歯になる

・ケラチン遺伝子が突然変異 抜け毛が増える

 

ということは?

 

虫歯になる=薄毛になる

 

ケラチンという成分は歯にも髪の毛にも重要な成分ということがわかりました。

これが突然変異すると虫歯にもなり、薄毛にもなるというこがわかりましたね。

 

虫歯以外にも薄毛の原因がある

 

実は虫歯以外にも薄毛の原因があります。

 

金属アレルギー

 

なんと、銀歯のせいで薄毛になることが分かっています。原因は金属アレルギーです。どういうことかと言うと、

 

銀歯に含まれる金属イオンが唾液で少しずつ溶け出し体内に蓄積されて薄毛になる。

 

と言うことなのです。

先ほどお話しした、「ケラチン」と金属が融合して許容範囲を超えると免疫細胞が反応します。そして、免疫細胞がケラチンを破壊して薄毛になるのです。

小さい頃に虫歯治療として、歯に銀歯を被せましたよね?

当時はそれが主流でしたが、最近では金属を使わない「セラミック」が主流になっています。

銀歯が少しずつ唾液で溶けて体内に溜まり薄毛になることがわかりましたね。

 

虫歯を解決するには

虫歯を治して噛み合わせやストレスを無くし、薄毛対策をしましょう。

 

毎日歯磨き

 

基本中の基本ですね。歯を磨かない人はいますか?皆さん毎日磨いてると思います。

ここでもう一度、歯磨きは大事だと言うことを覚えておいてください。

 

・歯ブラシは1ヶ月に1回は変える

・自分の口に合った歯磨き粉を使う

・歯茎の状態でブラシの硬さを選ぶ

・ヘッドの大きさは小さいものがおすすめ

 

歯磨きをする上で道具は大事です。自分に合った歯ブラシと歯磨き粉を使って歯を磨いてください。

 

銀歯をセラミックに変える

 

薄毛に原因である銀歯を取りましょう。歯医者に行けば銀歯をセラミックに変えてもらえます。しかし、デメリットがあります。

 

保険適応外

 

セラミックの治療の場合、自費治療になるので保険が効きません。

しかし銀歯のままで薄毛になり、体に悪影響を与えるのを考えるとセラミックに変えた方がいいと思いませんか?費用はかかりますが、自分の体のために治療をしてください。

 

定期的に歯医者に行く

 

歯医者はできるだけ行きたくないですよね?ですが虫歯になってからでは遅いのです。定期的に歯医者に行って歯のクリーニングをしてもらいましょう。

その種類が次の3つです。

 

・歯石取り歯についた石のようなものを取る

PMTC→専用器具を使って汚れをきれいにしてくれる

・ディープスケーリング歯茎の奥の歯石を落とす

 

歯医者では虫歯治療だけでなく、歯のクリーニングで予防もしてくれます。

 

まとめ

歯と髪の毛には「ケラチン」と言う成分が含まれており、これが破壊されると薄毛になったり虫歯になります。

虫歯と薄毛には想像もしてなかった関係性がありましたね。

虫歯がある人は今すぐ歯医者で治療してもらい、薄毛対策をしましょう。

-薄毛対策

Copyright© 男の育毛塾 , 2020 All Rights Reserved.