薄毛対策

【ハゲを隠す】薄毛が目立たないヘアカラーはこれです

塾生
薄毛を目立たなくするには髪を染めることが1つの手段だと気づいたけど、薄毛が目立たない髪の色を教えて欲しい。

 

髪の色を変えるだけで印象が変わり、薄毛も目立たなくできます。

また、今まで気になっていた薄毛が目立たなくなることでストレスが減り、自分に自信が持てるようになります。

本気で変わたいと思う方のみ、本記事を読んでください。

 

目次

  1. 薄毛が目立たないヘアカラーはこれ
  2. 髪型も変えてみる

 

本記事では上記を深掘りしていきます。

 

薄毛が目立たないヘアカラーはこれ

その色はこれです。

 

金髪と茶髪

 

金髪と茶髪にすることで黒よりも薄毛が目立たなくなります。ポイントは頭皮の色に近づけることです。

 

・黒色の中に白色

・茶色の中に白色

・金色の中に白色

 

この3つの中で、最も白が目立たなくなるのは金の中に白色です。次に茶色の中に白色ですね。この原理を利用したのが今回の薄毛が目立たなくなるヘアカラーです。

 

・黒髪の中に肌色

・茶髪の中に肌色

・金髪に中に肌色

 

最も薄毛が気にならない色は金髪ですね。

単に肌色といっても、人それぞれで頭皮の色は違います。なので、自分の頭皮の色を理解して髪の色を近づけることです。

 

髪を染めるデメリット

 

薄毛が目立たなくなるのは良いのですが、頭皮や髪へダメージを与えてしまいます。その原因がブリーチです。

ブリーチは髪の色を落とす役割をします。その中に入っている成分が頭皮に着くと炎症を起こし、かゆくなることがあります。

 

  • 過硫酸塩
  • アルカリ
  • 過酸化水素

 

この3つの成分が頭皮に着くことで刺激を与えます。

髪の色を落とす強い成分ですから、頭皮のダメージも大きいでしょう。また、髪の表面を覆っているキューティクルも破壊されるため、髪へのダメージもあります。髪を染めるには避けて通れない道ですね。

 

自宅より美容室

 

自分で髪を染めるより、美容師さんに任せた方が無難です。

 

・自分でやるより綺麗に染まる

・道具や薬液の種類が豊富

・自分でやる手間がはぶける

・自宅で出来るヘアケアなどを教えてもらえる

 

せっかく髪を染めるからには綺麗に染めたいですよね。自分でやったりすると上手に染まらずに、まだ薄毛が目立っているということになりかねません。

しかし、美容師がみんな腕がいいとは限りません。塗り方や流し方で綺麗に染まるかが決まります。

腕の良い美容師さんだと、カラー剤の量や放置時間が適切であり、色を定着させるための洗い方を駆使しています。なので良いカラーリングをしてもらえる美容師さんを探すことが、薄毛が目立たないヘアカラーを手に入れる最善の策です。

 

髪を染める周期

 

薄毛が気になるからといって短い期間に何度も染めてはいけません。髪を染めると頭皮や毛にダメージを与えます。それを短期間に行ってしまうと薄毛がさらに進行してしまいます。

 

ベストは1ヶ月半~2ヶ月

 

繰り返しですが、髪を染めると頭皮や毛にダメージを与えてしまうので、短い期間の染め直しはやめましょう。

 

髪型も変えてみる

 

髪を染めると同時に髪型も変えると、より薄毛が目立たなくなります。また、どうしても髪を染めれない人は髪型を変えるだけでも印象が変わります。

 

短髪にする

 

薄毛の人は短髪にするべきです。短髪にすることで頭皮が見える範囲が広くなり、薄い部分をカモフラージュすることができます。

さらにこちらを読むと、薄毛の人が似合う髪型が詳しく書かれているので参考にしてください。

 

また短髪にすることでこのようなメリットもあります。

 

  1. 頭を洗いやすくなる
  2. 毛穴の汚れが落ちやすい
  3. 育毛剤が頭皮に届きやすい

 

毛を短くすることで薄毛が目立たなくなるだけでなく、効率の良い頭皮ケアも出来るので薄毛対策にも効果的です。

 

まとめ

薄毛が目立たないヘアカラーは金髪と茶髪です。それはなぜかというと、ヘアカラーを頭皮の色に近づけることで薄い部分がカモフラージュされて薄毛が目立たなくなるということでした。

また、髪を染めるのに抵抗がある人は髪型を変えてみるのも良いでしょう。

-薄毛対策

Copyright© 男の育毛塾 , 2020 All Rights Reserved.