薄毛対策

薄毛を隠す方法は隠さないこと【薄毛対策も実践する】

塾生

薄毛を隠す方法が知りたい。

しかも簡単ですぐに出来る方法はないかな?

カツラはあまり気が乗らないし、他に何かないのかな・・・

 

こんにちは、塾長です。

手っ取り早く薄くなってる所を隠す方法があれば苦労はしないんですけどね。

しかし今回は隠すと言うよりも、逆にもさらけ出して目立たなくさせる方法を紹介します。

こうすることでストレスなく薄毛と付き合っていけますよ。

実際に塾長もこの方法を使って、ストレスがなくなり自分に自信が持てるようになりました。

 

目次

1、薄毛を隠す方法は隠さないこと

 1−1薄毛を隠さないのが隠す方法です。

 1−2髪型を変える

 1−3薄毛を隠そうとすると疲れる

 

2、薄毛対策も同時に実行しましょう

 2−1生活習慣の見直し

 2−2育毛剤を使う

 2−3正しいシャンプー法を行う

 

では、上記を深掘りしていきます。

 

薄毛を隠す方法は隠さないこと

 

無理に薄毛を隠そうとすると疲れます。

 

薄毛を隠さないのが隠す方法です。

 

ちょっと言ってることが理解できないと思いますが、薄毛を隠さないことで隠れます。

薄毛を隠すと聞くとどのようなイメージをしますか?

 

・薄くなってる所に髪をかき集める

・帽子を被る

・カツラを被る

 

普通、隠すということは薄くなってる部分を見えなくするということです。

しかしここでは違います。

 

ポイント

隠さない→薄毛を目立たなくする→隠れる

 

あえて薄くなってる部分をさらけ出すことで目立たなくして、あたかも隠れたかのようにするのがここでの目的です。

分かりやすく言えば、周りと同化する忍者をイメージしてください。

 

薄毛を隠す方法は、あえて隠さないことです。

では実際にその方法を見ていきましょう。



髪型を変える

 

髪型を変えることで薄くなってる所を目立たなくできます。

 

先ほどの忍者を思い出してください。

周りと同化することで薄くなってる部分を目立たなくします。

ポイントは、髪を短く切りましょう。

ますは芝生を思い浮かべてください。

 

・一部だけ芝がハゲて土が見えてる→周りと同化してない

・芝を短く刈る→周りと同化する

 

100%同化することはないですが、薄くなってる所が以前よりも目立たなくなるのは間違いありません。

 

繰り返しですが、髪を短く切るのがポイントです。

詳しい髪型についてはこちらに載せてある通りです。

 

薄毛を隠そうとすると疲れる

 

結論、途中でめんどくさくなりますよ。なぜならしんどくなるからです

 

もう一度、薄毛を隠す行為を思い浮かべてください。

 

・薄くなってる所に髪をかき集める

・帽子を被る

・カツラを被る

 

これを一生できますか?多分、できないと思います。

 

帽子はファッション感覚で被れますが、他の2つを続けるにはデメリットがあります。

 

デメリット

・薄くなってる所に髪をかき集める→髪型が崩れるとバレる

・カツラを被る→お手入れ、お金、カツラが取れる

 

この悩みを解決してくれるのが、『髪型』です。

髪型を変えるメリットを紹介しましょう。

 

メリット

・カツラ代がかからない

・髪型が崩れても関係ない

 

あなたは髪を切りに美容室や床屋にいきますよね?

そのついでに『薄毛が目立たない髪型』にするだけです。

即効性があり時短にもなるので、効率がいい薄毛を隠す方法となってます。

 

結論、薄毛を隠す方法は髪型を変えることで薄毛をさらけ出し目立たなくすることです。

 

 

薄毛対策も同時に実行しましょう

 

薄毛を隠す方法をやりながら薄毛を治していきましょう。薄毛治療には時間がかかるので、早めの対策が必要だからです。

 

具体的には次の3つです。

 

薄毛対策

・生活習慣の見直し

・育毛剤を使う

・正しいシャンプー法を行う

 

それでは順番に見ていきましょう。

 

生活習慣の見直し

 

生活習慣に気をつけることで血行が良くなります。血行が良くなると毛根に栄養が届きやすくなり髪の毛が育ちます。

 

まずはストレス。

ストレスが溜まると自律神経が乱れて血管が収縮して血行が悪くなります。

なのでストレスを減らして自律神経が乱れるのを防ぎましょう。

 

次に睡眠。

これも自律神経が関わってきます。睡眠時間を6〜8時間はとるようにして規則正しい時間に睡眠することで自律神経が整います。

 

そして食生活。

脂っこいものばかり食べてると、コレステロールが溜まり血管が詰まることになりかねません。そうなると髪の毛に栄養が行かないのはもちろん、命に関わる事態になるのでバランスの良い食生活を心がけましょう。

また、毛穴に皮脂が溜まりやすくなるので脂っこい食事は控えましょう。

 

最後に喫煙。

タバコは体にとって良いことが1つもあません。

もちろん髪の毛にとっても同じでして、血行が悪くなり毛根に栄養が届かなくなります。

なので、髪の毛と体のためにもタバコはやめましょうね。



育毛剤を使う

 

育毛剤を使うことで頭皮の環境が整い、髪が育つ下地を作る効果があります。育毛剤の中には有効成分が豊富に含まれているからです。

 

とはいえ、育毛剤を使う前に注意することがあります。

 

注意

・市販よりもネットで購入が良い

・ AGAには効かない

 

市販の育毛剤は有効成分が少ないものや、副作用が強いものが多いです。

詳しくはこちらです。

 

そしてAGAには育毛剤は効果がありません。育毛剤を使ってるけどいつまでたっても

効果が現れないという場合は、AGAの可能性が高いのでクリニックにいきましょう。

 

とはいえ、まずは育毛剤を使ってみましょう。

 

正しいシャンプー法を行う

 

シャンプーのやり方を変えるだけで頭皮に良い効果があります。

あなたは普段、どんな風に髪を洗ってますか?

ここでは正しい洗い方をお伝えします。

 

ポイント

手順1、3分間お湯で洗い流す

手順2、髪の生え際から頭頂部に指を滑らせる

→手につけたシャンプーを直接、頭皮に塗り込む

→髪の中に空気を送り込む

→髪の毛を泡立てネットのようにして、きめ細かい泡を作る

→指の腹を頭皮に密着させて揉み込む 

手順3、すすぎは洗った時間の2倍

→泡を感じなくなったら1分以上さらにすすぐ

 

 

たった3ステップで薄毛対策ができちゃいます。

 

結論、今日からできる薄毛対策ばかりなのでまずは実践してみましょう。

 

まとめ

薄毛を隠す方法は、あえて薄毛をさらけ出すことでストレスなく薄毛を目立たなくさせるのがポイントです。

また同時に今日からできる薄毛対策も同時並行で行うことで、効率よく薄毛を治療できることをお忘れなく。

-薄毛対策

Copyright© 男の育毛塾 , 2020 All Rights Reserved.