薄毛対策

【人生の転機】薄毛になったらダンディなファッション

塾生
薄毛の僕でも似合うファッションを知りたい。

薄毛というコンプレックスで悩み続けるのは疲れた。いっそのこと、薄毛を生かしてカッコいい男になりたい。

 

世の中には薄毛やハゲでもカッコいい人がたくさんいます。もし薄毛やハゲで悩んでるなら、今が変わるチャンスです。

本記事では薄毛やハゲを活かしたファッションをお伝えします。

 

目次

1、失敗しない薄毛男子のダンディなファッション

 1−1サイズ感に気をつける

 12服の色や柄に注意する

 1−3オシャレは足元から 

 

2、カッコいいハゲとカッコ悪いハゲの違い   

 21清潔感があるか無いか

 22中身の問題     

 

今回は上記について深掘りしていきます。

 

失敗しない薄毛男子のダンディなファッション

タイトルにもある通り、薄毛になったらダンディなファッションをしましょう。薄毛をごまかす為でなく、薄毛やハゲを活かすようにすれば周りの目も気にならなくなり自身も付きます。

薄毛やハゲほどダンディなファッションが似合う男は居ません。そのためには気をつけることが3つあります。

 

・サイズ感に気をつける

・服の色や柄に注意する

・オシャレは足元から

 

順番に見ていきましょう。

 

サイズ感に気をつける

 

ここが重要なポイントでして、服のサイズで印象が全く違ってきます。

良い例と悪い例を見ていきます。

 

良い例 大きすぎず小さすぎず、ジャストサイズ

ダメな例 ダボダボ、またはパツパツ

 

ベストなのが体のラインがハッキリと分かるサイズが良いです。

見た感じピシッとして引き締まった印象を与えるので、デキる男!って感じませんか?

また、痩せて見える効果もあるので一石二鳥です。

ダメなのが、サイズが大きいとだらしなく見えてしまいます。

せっかく良い服をチョイスしても、サイズで失敗したら全てが台無しになると思いませんか?

逆に裾や袖の丈が短すぎるのも良くありません。ダンディでカッコいい男になる為には、サイズ選びが最も重要と言っても過言ではありません。

 

服の色や柄に注意する

 

同じ服でも色や柄でガラリと印象が変わります。ここでも良い例と悪い例を見ていきます。

 

良い例 落ち着いた色、無字、

ダメな例 派手な色、イラストがついたもの

 

想像してください。黄色のジャケットと黒のジャケット。どちらがダンディにふさわしいと思いますか?

また、イラストや文字がついた服だとダンディとは違う路線になってしまうので、無地のものを選びましょう。

 

オシャレは足元から

 

いくらカッコよくビシッと決まった服装でも、靴がダメだったら全て台無しです。ここではスーツを着た前提で例をあげます。

 

・ピカピカの革靴。サイズもちょうどいい

・靴がヘタれて汚い。サイズが大き過ぎる。

 

スーツといえば革靴です。まさかスニーカーを履く人はいませんよね?

また汚れが目立ち、サイズが大き過ぎてボロボロの靴だと印象が良くありません。

この事は他の服装でも同じことが言えます。

 

・服に合ってる靴を履く

・綺麗な靴を履く

・サイズに気をつける

 

この3つに注意しましょう。

特に女性は靴に目が行きやすいです。たとえハゲや薄毛でも、靴に気を使っていればそちらに目を向けてハゲであることを意識させない効果もあるので、服だけでなく足元にも気を使いましょう。

 

カッコいいハゲとカッコ悪いハゲの違い

外見だとファッションがカッコいいかどうか。しかし、いくらファッションセンスがいいからと言って中身がカッコ悪かったら意味がありません。

内側から出る魅力も重要になってきます。

 

清潔感があるか無いか

 

これは最低ラインであり、これができないとカッコ悪いハゲ確定です。

 

・髪をセットして、ヒゲも剃って服装もバッチリ

・髪はボサボサ、ヒゲが伸びている、ヨレヨレの服

 

どちらがカッコ悪いハゲかわかりますよね?清潔感がない男は女性からもモテないし、男性からも認められません。

「今日はいいや」「めんどくさいから明日ヒゲを剃ろう」なんて思ってたらいつまでたってもカッコいいハゲにはなれません。

常に綺麗に清潔に保っているのがカッコいいハゲなのです。

 

中身の問題

 

中身は表に現れます。自分では気づかないですが、他の人から見たら全く違う自分が現れているようです。

ここでは女性が思う、カッコいいハゲを紹介します。

 

30歳女性》

とにかく明るい。薄毛やハゲとうことを全く気にしてないし。コンプレックスに感じていると暗くなったり表情に現れるけど、一切表に出てこない男性に魅力を感じる。

 

29歳女性》

私と同じ職場の人で薄毛の人がいます。その人はまだ25歳なのに見た目が30歳くらいに見えます。ですがそんな感じを出さず、中身は普通の若者といった感じで、その人は明るくムードメーカー的な存在で、他の人からも頼られる存在です。薄毛やハゲという前に、人としての魅力が大事かなって思いました。

 

32歳女性》

ハゲでも服装や身だしなみに気を使っていれば問題ありません。やっぱり不潔な人はハゲでなくても無理です。中身がだらしないと普段の行動に現れると思うので、私はそういうところを見ています。

 

35歳女性》

前の元カレが薄毛でした。その彼はとても優しく、誰に対しても気を使える人でした。いつも私を笑わしてくれて面白い彼でした。私は薄毛でも気にしません。

 

ここで重要なことは

薄毛やハゲを気にしていない

 

コンプレックスに感じていると表情や態度に出てしまいます。

なぜハゲでもカッコいいのか?それはハゲや薄毛である以前の問題。男として、人としての魅力が表に出るからこそカッコいいのです。

中身は知らないうちに表情や態度で表に出てしまいます。カッコいいハゲになるにはまず、中身を磨きましょう。

 

まとめ

薄毛になったらダンディなファッションをしましょう。

薄毛やハゲほどダンディが似合う男はいません。なんでも薄毛やハゲのせいにして出来ないことを増やしてませんか?ピンチはチャンス、弱点をいかに長所に変えれられるかでカッコいいハゲになるか、カッコ悪いハゲになるか決まってきます。

ぜひ、ダンディなファッションにチャレンジしてみてください。

-薄毛対策

Copyright© 男の育毛塾 , 2020 All Rights Reserved.