薄毛対策

【真実を公開】コーヒーで薄毛になる!は間違いです

塾生
 コーヒーが好きで毎日欠かさず飲んでいます。しかし、コーヒーを飲むと薄毛になると聞いたのですが本当でしょうか?

 

結論から言うと、コーヒーを飲んでも薄毛にはなりません。しかし、飲み過ぎると体にも髪にも良くありません。適切な量を飲むことで髪の毛に良い効果をもたらしてくれます。

 

目次

  1. コーヒーで薄毛にはならない
  2. 飲み過ぎには注意が必要

 

今回は上記について深掘りしていきます。

 

コーヒーで薄毛にはならない

薄毛になると言うより、薄毛対策に効果的です。それはコーヒーに含まれているカフェインが薄毛に効果をもたらしてくれるからです。

 

睡眠の質を上げる

 

皆さんの印象だと、「寝る前にコーヒーを飲むと寝れなくなる」と言うのが一般的ですが、飲み方を変えるだけで睡眠の質が上がり髪の成長に良い効果があるのです。

正しい飲み方は次の4つです。

 

  • 牛乳をたくさん入れる
  • 寝る時間の30分前に飲む
  • 温めて飲む
  • 量は100mlくらい

 

それでは順番に解説していきます。

 

・牛乳をたくさん入れる

牛乳にはトリプトファンという必須アミノ酸が含まれており、神経を落ち着かせてぐっすり眠れる働きがあります。

また、カルシウムも入ってるのでイライラを解消してくれて質のいい睡眠ができます。

 

・寝る時間の30分前に飲む

カフェインは血管を広げて血行を促進してくれます。なので、新陳代謝が良くなりスムーズに眠りにつけるのです。

そしてそのカフェインが最大の効果を発揮するのが30分後なので、寝る30分前に飲むと良いでしょう。

 

・温めて飲む

冷たいコーヒーを飲むと体が冷えてしまい、なかなか眠れないという状態になってしまうのでホットで飲むようにしてください。

また冷たいと利尿作用があり、何回もトイレに行くはめになるので気をつけてください。

 

・量は100mlくらい

これ以上飲むと睡眠の妨げになり、カフェインを摂り過ぎると利尿作用が促されるので、夜中にトイレに何回も起きて全然眠れなかったということになってしまいます。

なので100mlがちょうどいいとされています。

 

血行促進する効果

 

繰り返しですが、カフェインによって血管が広がり血行が良くなります。血行が良くなるとどのような効果があるのでしょうか。

 

・毛根に栄養が届きやすくなる

・抜け毛が減る

・元気な髪が育つ

・頭皮環境が良くなる

 

髪が育つのに必須項目である、「血行促進」を助けてくれる効果がカフェインにはあります。髪が育つには栄養が必要です。

ではその栄養はどのようにして髪に吸収されるか。それは血行が良くなることで髪に必要な栄養や酸素が運ばれてきて、毛根に吸収されます。なので血行を促進してくれるカフェインが薄毛に良い効果をもたらすのです。

 

男性型脱毛症を抑える

 

カフェインには男性型脱毛症(AGA)を抑える効果があります。

カフェインには5αリダクターゼを抑制する効果があるため、AGAに効果があるのです。

またこの効果は、AGA医療薬のプロペシアと効果が同じなのです。

基本的にAGA治療は専門のクリニックで行うことができます。

育毛剤は効かない!AGA治療なら病院よりクリニック

塾生育毛剤を使っているのに薄毛が治らない。病院や皮膚科でAGA治療ができるって聞いたことあるけど、AGAは治るの?治療代はどのくらいかかるの? 育毛剤を使っているのに、一向に薄毛が治らない。という方が ...

続きを見る

 

飲み過ぎには注意が必要

 

コーヒーが薄毛に良いからといって、たくさん飲むと逆に薄毛の原因になります。

 

自律神経の乱れ

 

カフェインを摂り過ぎると自律神経が乱れてしまいます。カフェインは交感神経を活発にして体を覚醒させます。

ですがコーヒーを飲み過ぎると、覚醒状態が続き副交感神経が働かなくなり自律神経が乱れます。結果、ストレスが溜まり髪や頭皮に悪い影響を与えます。

 

睡眠障害

 

「コーヒーを飲むと眠れない」というのは皆さんご存知かと思いますが、それは正しいです。

カフェインを摂りすぎると脳の覚醒度が上がって眠れなくなり、良質な睡眠が出来なくなります。そうなると元気な髪が育たなくなり抜け毛が増えて薄毛になります。また、眠れないというストレスにもなります。

 

髪の成長を停滞させる

 

カフェインが髪の成長に大事なアデノシンの働きを抑制してしまします。

 

・血行促進

・発毛を促進

・髪の成長期を延長する

 

アデノシンにはこのように、髪を太く丈夫に育てる働きがあります。

ですがフェインを摂り過ぎると、アデノシンを抑制してしまい髪の毛が育たなくなってしまいます。

 

まとめ

コーヒーは薄毛に効果がありますが、飲み過ぎると薄毛の原因になってしまいます。そこで、コーヒーの1日の適量である4~5杯を目安に飲むようにすれば効果を最大限に発揮して薄毛にアプローチできます。適切な量を飲むようにして薄毛を改善しましょう。

-薄毛対策

Copyright© 男の育毛塾 , 2020 All Rights Reserved.