食べ物で薄毛を治す

鶏肉で薄毛を軽減!育毛剤を使ってタンパク質も摂る!

塾生
  本当に鶏肉で薄毛が改善されるの?

 

鶏肉には薄毛を改善してくれる成分が入っています。そして、育毛剤を使いながら鶏肉を食べると効果的です。

鶏肉の効果と成分についてみていきましょう。

 

目次

  1. 鶏肉で薄毛を改善
  2. 育毛剤を使いながら鶏肉を食べる
  3. 鶏肉が苦手な人はこれ

 

鶏肉で薄毛を改善

 

鶏肉に入っている成分が髪と関係しているので薄毛対策に繋がります。

 

タンパク質が薄毛に効果的

 

髪の毛が必要とする代表的な栄養成分はタンパク質です。それでは1日にどれでけ摂取すれば良いのか?

薄毛や抜け毛に負けない髪を維持するためには、成人男性で1日60gのタンパク質を摂る必要があります。

鶏肉には100gあたり約25gのタンパク質が入ってます。

ちなみに、納豆なら1パックで約12g、牛乳なら2杯で約12gのたんぱく質を摂取することができます。

 

でも、タンパク質だけではだめ

 

タンパク質だけでは丈夫な髪の毛を作ることはできない。カギとなるのはミネラルの一種である亜鉛です。

ビタミンやミネラルもバランスよく摂りましょう。

亜鉛を摂取することで、たんぱく質の代謝が促進され、毛髪の組織が生成されます。亜鉛は牡蠣に多く含まれているので、カキフライや、牡蠣鍋にして食べるのがおすすめです。

また、『ビタミンB2』『ビタミンB6』などのビタミンB群も発毛や育毛には欠かせない栄養素です。

細胞の新陳代謝を助ける「ビタミンB2」はレバーに多く含まれ、たんぱく質の合成や分解を促す「ビタミンB6」はサバやマグロなどから摂ることができるといわれてます。

しかも、レバーや魚介類は、動物性たんぱく質とビタミン類を同時に得られる一石二鳥の薄毛対策食材です。

タンパク質が多く入っている鶏肉を食べながら、亜鉛とビタミンB群を同時に摂りタンパク質の効果を最大限に引き出すようにしましょう。

 

育毛剤を使いながら鶏肉を食べる

 

体の内と外から薄毛を解決しましょう。

 

育毛剤の成分を頭皮から吸収

 

育毛剤の有効成分としては、血行促進成分(塩化カルプロニウム、ビタミンE等)、栄養補給・細胞賦活成分(6‐ベンジルアデニン、ペンタデカン酸グリセリド等)、頭皮を健康にする成分(グリチルリチン等)などが知られています。

頭皮マッサージや毛穴ケアを行い、これらを効率よく吸収しましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

頭皮マッサージは意味あるの?育毛剤とセットで実行!

塾生頭皮のマッサージは育毛の効果があるというけど本当?育毛剤を使ったらマッサージをするべき?   今回は頭皮マッサージの目的、効果、やり方についてです。 合わせて、育毛剤の後にマッサージはやった方が良 ...

続きを見る

 

タンパク質を体の内側から摂取

 

先ほどもお伝えした通りタンパク質だけではなく、亜鉛やビタミンB群を同時に摂るようにして体の中から薄毛にアプローチしていきましょう。

 

この二つの方法を同時に行うことで無駄なく、しかも効率よく薄毛を改善できます。

半年後に後悔したくなければぜひお試しください。

 

鶏肉が苦手な人はこれ

 

鶏肉以外にもタンパク質を摂れる食材があります。

 

  100gあたり
    卵  約12g
 豚肉  約20g
 納豆  約17g
 牛乳  約3.3g

鶏肉以外にもタンパク質が摂れる食材はたくさんあります。

注意点として、脂質の多い物はなるべく食べないようにしましょう。

脂質が多い食事が続くと、皮脂の分泌量が増加します。皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まれば、頭皮に細菌が増殖して毛根にダメージを与える可能性があります。

 

まとめ

いかがでしたか?

意外にも鶏肉には薄毛に効果的という結果がわかりました。

繰り返しですが、鶏肉だけではなく亜鉛やビタミンB群も一緒に摂取しましょう。

また、育毛剤を同時に使うと更に効果が上がるのでおすすめです。

体の外と内から薄毛の悩みを無くしましょう!

-食べ物で薄毛を治す

Copyright© 男の育毛塾 , 2020 All Rights Reserved.