薄毛対策

抜け毛が多い基準はこれです【抜け毛対策もしましょう】

塾生

シャンプーをした時に抜け毛が多いけど大丈夫かな?

そもそも、どのくらいの量が抜けたらやばいの?また、抜け毛を減らす方法も知りたい。

将来ハゲたくないし、女の人から避けられるのは嫌だ。

 

抜け毛が多いと焦りますよね。そして色んなことを考えて次第にネガティブになります。

しかし、なぜ抜け毛が多いと感じましたか?

何か基準になる数字を見て実際に数えましたか?

そこで今回は、どのくらいの本数が抜けたら多いのか検証しました。

さらに将来、薄毛やハゲに困らない対策法も紹介します。

 

目次

1、抜け毛が多い基準はこれです

 1−11日に何本抜けたらヤバイのか

 1−2抜け毛が多いのはどんな時?

 1−3ヘアサイクルが乱れる

 1−4こんな抜け毛は危険

 

2、今から抜け毛対策をしましょう

 2−1経験談:AGAはクリニックで治療

 2−2正しいシャンプーをしましょう

 2−3生活習慣を変えましょう

 

早速、上記を深掘りしていきます。

 

抜け毛が多い基準はこれです

結論、人それぞれ正確な基準は違います。体質や生活習慣が違うからです。

 

1日に何本抜けたらヤバイのか

 

とはいえ、平均してこれ以上抜けたら危険ということはわかります。

それは、1日に200本以上抜けると危険です。

しかし一般的には、55本抜けると危険!と言われています。

その根拠は何かを下記に表ました。

 

100,000 ÷ 5 ÷ 365 = 55

 

どういうことか説明しますね。

 

メモ

100,000 → 髪の毛の平均本数

5 → ヘアサイクルの平均年数

365 → 1年の日数

 

つまり、10万本の髪の毛が5年の寿命だったら1日に55本抜けるという式になってます。

しかしこの式には明確な根拠はありません。

なぜなら、1人あたりの髪の毛が10万本とは限らないし、ヘアサイクルが必ずしも5年とは限らないからです。

 

実際に1000人を対象に抜け毛を数えた結果、少ない人は1日に10本、多い人で200本以上でした。

平均すると大体200本で、いつもより3倍以上の抜け毛が1週間以上続くときは危険レベルですので注意が必要です。

 

抜け毛が多いのはどんな時?

 

その答えは、シャンプーをしてる時です。

なぜかというと、髪の毛は触ると抜けやすいからです。

 

当たり前のように聞こえるかもですが、何も髪に触れてない時は抜けません。

シャンプー以外で抜けるとしたら、どんなときでしょうか。順位をつけてみました。

 

参考

1位 シャンプー

2位 ドライヤー

3位 睡眠中

 

やはり髪を触る頻度が多いと抜け毛も多くなります。

要するに、シャンプーをするときはいちばん気を使わないといけません。

 

そこで、あなたはどんな洗い方をしてますか?

このような洗い方をしていてはダメです。

 

注意

・爪を立ててゴシゴシ洗っている

・出来るだけ力を入れて洗っている

 

これじゃ髪の毛は抜け放題で、頭皮も傷がつきます。

なので、正しい洗い方をしましょう。合わせて育毛シャンプーも使うと効果的です。

【勘違い】育毛シャンプーは育毛剤のような効果は無い

塾生育毛シャンプーを使ってたら髪は生えるの?普通のシャンプーと何が違うの?   勘違いしてる人がいるかもしれないですが、育毛シャンプーを使っても髪は生えません。 それじゃ、普通のシャンプーを ...

続きを見る

 

ヘアサイクルが乱れる

 

抜け毛が多い原因はヘアサイクル乱れること。要するに、成長期が短いと抜け毛が多くなります。

なぜかというと、何らかの原因で髪が成長する前に抜けてしまうからです。

 

成長期とは、髪が抜けた後に新たな髪が生えてくる時期を言います。

ヘアサイクルについては、こちらを見ると詳しく理解できます。

 

成長期が短くなる原因は大きく分けて3つあります。

 

原因

・AGA(男性型脱毛症)

・生活習慣

・タバコ

 

 AGAになると成長期がどんどん短くなってしまい、髪が太く長く成長しないまま抜けてしまいます。

AGAについて知りたい方はこの記事がおすすめです。

 

生活習慣やタバコは、血行の流れが深く関わっています。血液は体に必要な栄養を隅々まで運んでくれています。

もし、血行の流れが悪くなると頭皮に栄養が届きにくくなり、髪の毛が成長できなくなるのでヘアサイクルが乱れる原因になります。

 

こんな抜け毛は危険

 

抜け毛の状態を見ると、なぜ抜けたのかが分かります。その中でも、危険な抜け毛があるので解説していきます。

まず、抜け毛には2種類あります。

 

・太くて長い

・細くて毛先がとがってる

 

危険な抜け毛は後者です。

何が問題かと言うと、細くて先がとがってる状態は成長途中の証拠です。

とくにこの状態はAGAの人に多い症状です。

目安として、抜け毛全体の30%に上記のような抜け毛があると危険レベルなので、すぐに対策をしないと後で後悔するかもしれません。

 

それともう1つ、抜け毛の毛根にも注目してください。

 

結論、抜け毛が多い基準は1日に大体200本です。

 

今から抜け毛対策をしましょう

将来の事を考えて、今から手を打っておきましょう。なぜなら、後から後悔するはめになるからです。

周りの目、特に女の人の目を気にするなら尚更です。

 

最も効果的な抜け毛対策は次の3つです。

 

メモ

・AGAクリニックに行く

・正しいシャンプーのやり方を知る

・生活習慣を見直す

 

それでは順番に解説していきます。

 

経験談:AGAはクリニックで治療

 

結論、AGAの人は専門のクリニックに行ってください。じゃないと治らないからです。

 

育毛剤や生活習慣を見直しただけじゃ治らないのがAGAです。

主な原因は遺伝要素がほとんどなので、専門の医師や治療薬があるAGAクリニックに行く事をおすすめします。

詳しくはこちらに載せてあります。

 

正しいシャンプーをしましょう

 

間違ったシャンプーのやり方だと抜け毛の原因に繋がります。なぜなら、シャンプーで頭皮環境が変わるからです。

そもそも正しいシャンプーとは何か?

 

注意ポイント

・爪を立てない

・指の腹で頭皮をマッサージする様に洗う

・力を入れすぎない

・しっかり洗い流す

・洗浄力の強いシャンプーは使わない

 

先ほども少しお話ししましたが、頭皮を傷つけるような洗い方をすると抜け毛を引き起こす原因になりかねません。

頭皮は髪を育てる土台になっているので、頭皮の環境を良くする事で抜け毛の量も変わってきます。

なので、正しいシャンプーを心がけてください。

 

生活習慣を変えましょう

 

不健康な身体じゃ抜け毛は減りません。

例えばこんな人は健康とは程遠いイメージがあります。

 

メモ

・タバコを吸う

・食事はいつもジャンクフード

・不規則な生活

 

健康になるにはそれなりの改善が必要です。

抜け毛対策も同じでして、不健康な身体だと毛は育たないし抜け毛も減りません。

なので、生活習慣を見直して体質改善をしましょう。

 

まとめ

抜け毛が多い基準は人それぞれ違いますが、大体、1日に200本以上の抜け毛があると将来ハゲる恐れがあります。

将来、安心して過ごせるように今から抜け毛対策をするようにしましょう。

-薄毛対策

Copyright© 男の育毛塾 , 2020 All Rights Reserved.