育毛剤の使用方法

育毛剤で年齢を気にする必要なし【育毛剤の基礎知識】

塾生
自分はまだ20代で、頭が薄くなってきた。このままだと確実に今よりも薄くなるのは目に見えているのに、何もしない訳にはいかない。そこで育毛剤を使おうと思ったけど、自分のような年齢で使っていいのか疑問に思いました。育毛剤は中高齢の層が使うものだと思っているので、なんか抵抗がある。

 

今回は、このような悩みを抱えたあなたにフォーカスしていきます。この記事を読み終えた頃には、育毛剤に対しての抵抗がなくなっていると思います。

 

目次

1、育毛剤で年齢を気にする必要なし

 1−1育毛剤に対する固定概念を無くす

 1−2疑問:なぜ18歳以上からなの?

 1−3育毛剤に抵抗がある

 

2、育毛剤の基礎知識

 2−1育毛剤は髪を育てる

 2−2疑問その①:頭皮環境が悪いと何が起きるのか

 2−3疑問その②:育毛剤には使い方はあるの?

 

それでは、上記を深掘りしましょう。

 

育毛剤で年齢を気にする必要なし

育毛剤を使うのに年齢は関係ありません。ただし、18歳以上であれば誰でも使えます。

 

育毛剤に対する固定概念を無くす

 

ほとんどの人は、「育毛剤は中高齢から」と思う人が多いです。しかし、それは間違いです。中高齢じゃないけど育毛剤を使いたいと思っている人や、抵抗がある人がいると思うので具体例を出しつつ、固定概念を無くして欲しいです。

 

具体例

・18歳 大学生 薄毛

・23歳 会社員 薄毛

 

例えばこのような人が居るとします。これから育毛剤を使うと仮定して、2人とも使用してオッケーです。何も問題はありません。繰り返しですが、「育毛剤は中高齢から」という固定概念が邪魔をしているので使っていいのか迷うのです。むしろ、「育毛剤は若いうちから」が正しいです。この事についてはまた後でお話しします。

 

疑問:なぜ18歳以上からなの?

 

18歳未満で育毛剤を使うと、成長期なので体の発達に支障をきたす恐れがあるからです。成長期だと、次のような副作用に体が過敏に反応してしまうケースがあります。

 

副作用

・頭皮のかゆみ

・めまい

・肝機能障害

・頭痛

 

ここで、1つ注意点があります。他のサイトを見ると次のようなパターンがあります

 

注意ポイント

育毛剤は使用◯

発毛剤は使用✖️

 

このようなパターンがあるので、判断基準はミノキシジルが入っているか、いないかで判断した方が確実です。

ミノキシジルが入っている事で、先ほどの副作用が現れます。安心して使いたいなら、18歳を過ぎてからの方がいでしょう。

 

育毛剤に抵抗がある

 

とはいえ、育毛剤を使うのに抵抗がある。そう思ってませんか?

ですが、若い人にこそ育毛剤を使って欲しいのです。なぜなら、早めの対策が必要なのです。

「自分はまだ若いから大丈夫」「育毛剤なんてまだ早い」と思ってるあなた、後になって後悔しても遅いですよ。

 

・20歳から育毛剤を使っている

・30歳から育毛剤を使っている

 

同一人物で、2つのパターンを想定しましょう。

前者は薄毛が進行する前に、育毛剤で早めの薄毛対策をしているので、後になっても後悔しません。

一方で後者は「まだ大丈夫」と先延ばしにした結果、薄毛が進行してしまいどうしようもない状態になりかねません。

 

結論、育毛剤を使うのに抵抗がある、迷っている若い人は黙って育毛剤を使いましょう。

 

育毛剤の基礎知識

育毛剤を使う前に、育毛剤について知っておきましょう。理由は簡単で、育毛剤を知らないで使うのと、知って使うのとでは後々差が出るからです。

 

育毛剤は髪を育てる

 

そもそも育毛剤とは、髪を生やすのではなく髪を育てるためのものです。ここを勘違いしてるい人が多くいるので覚えておいてください。では、髪を育てるとはどういうことか見ていきましょう。

 

ポイント

頭皮環境を整える

 

頭皮の環境を整えないと髪は育ちません。木を育てる土を想像してください。

土が良くなかったら木は育ちません。頭皮も同じです。育毛剤は頭皮に必要な栄養が含まれており、頭皮につける事で浸透していき、頭皮の環境が良くなります。いわば、育毛剤は頭皮の肥料と思ってください。

頭皮が良い状態になると髪は育ちます。育毛剤は直接髪に影響を与えるのではなく、間接的に効果を与えています。それが育毛剤なのです。

 

疑問その①:頭皮環境が悪いと何が起きるのか

 

「頭皮環境が悪いとどうなるのか?」と疑問になったのではないでしょうか。

頭皮環境が悪いと、頭皮が乾燥したり、フケが増えたりして抜け毛が多くなるのです。

頭皮環境が悪いということは、土の状態が悪いのと同じです。そうなると木の成長は止まり、やがて枯れてしまいます。

髪も同じく、成長がストップして抜け毛が増えます。

そこで、なぜ頭皮環境が悪くなるのか?原因はこれです。

 

原因

・頭皮が乾燥する

・皮脂が増える

・フケが増える

 

頭皮が乾燥すると、乾燥を防ぐために皮脂腺から皮脂が出てきます。この皮脂が厄介でして、頭皮が乾燥し続けていると皮脂が多く出てきます。その結果、毛穴が詰まりけ毛が抜けてしまいます。と同時に、フケも発生します。

フケは、古くなった皮脂が剥がれ落ちたものです。乾燥や皮脂のせいで頭皮のターンオーバーが悪くなりたくさんのフケが発生して毛穴を塞いでしまいます。

なので、このような原因で頭皮環境が悪くなり抜け毛へと繋がるのです。

 

疑問その②:育毛剤には使い方はあるの?

 

あります。正しい使い方を知らないと効果が半減します。

ただ単に頭皮につければいいというわけではありません。詳しい使い方の説明が書いてないものが多いので、ここで使用方法をマスターしましょう。

 

メモ

・朝と昼の1日2回を毎日(1日1回と書いてある場合以外)

・頭を洗って髪を乾かしてから使う

・つけたあとは頭皮マッサージ

 

朝と昼の1日2回を毎日(1日1回と書いてある場合以外)

基本的に1日2回、使ってください。特に朝は忙しいと思いますが、必ず使うようにしてください。

 

頭を洗って髪を乾かしてから使う

「朝はどうしたらいいの?」洗わなくてもオッケーです。1日に何回も髪を洗うと頭皮が乾燥する原因にもなるので、朝は忙しいという方はそのままつけても構いません。ですが、夜はしっかりと洗って毛穴の汚れを落としてから育毛剤をつけてください。

 

つけたあとは頭皮マッサージ

頭皮マッサージをすることで、頭皮の血行が良くなり育毛剤が浸透しやすくなるという利点があります。また、毛根に栄養がいきやすくなるので髪が育つという一石二鳥にもなるので、正しいやり方で頭皮のマッサージは必ず行うようにしましょう。

 

頭皮マッサージは意味あるの?育毛剤とセットで実行!

塾生頭皮のマッサージは育毛の効果があるというけど本当?育毛剤を使ったらマッサージをするべき?   今回は頭皮マッサージの目的、効果、やり方についてです。 合わせて、育毛剤の後にマッサージはやった方が良 ...

続きを見る

 

結果として、育毛剤のことを知らずに使っていると効果が半減して時間の無駄にもなるので、ここでしっかりと理解してからい育毛剤を使いましょう。

 

まとめ

育毛剤を使うか迷っている、または抵抗がある人、年齢は関係ないので今すぐに育毛剤を使うようにしてください。早めの対策が、未来のあなたの為になるのです。

-育毛剤の使用方法

Copyright© 男の育毛塾 , 2020 All Rights Reserved.