育毛剤を理解する

【注意】育毛剤に入ってるエタノールは悪い成分!

塾生
よく、育毛剤にエタノールが入ってると頭皮に悪いって聞くけど本当なのか知りたい。また、他にも悪い成分を知りたい。

 

上記の疑問を解説していきます。

結論から言ってしまうと、エタノールは頭皮に悪い影響を与える成分です。

そして、他にも頭皮にダメージを与えてしまう成分がありますのでそこら辺も解説していきます。

 

目次

  1. エタノールは悪い成分

  2. 他の悪い成分を紹介

 

それでは早速見ていきましょう。

 

エタノールは悪い成分

順を追って解説していきます。

1、エタノールが入ってるとどんな副作用が出るのか?

2、なぜエタノールが入ってるのか?

 

エタノールが入ってるとどんな副作用が出るのか?

 

成分表示にはエタノールと書かれてますが、実はアルコールです。

次のような副作用が出てしまう人がいます。

 

・頭皮のかゆみ

・頭皮の腫れ

 

育毛剤を使っている人全てではないですが、アレルギーをお持ちの方は副作用に注意が必要です。

一度、パッチテストをやってみてもし副作用が見られたら、返品するのもありです。その時を想定して、返金保証がある製品を選びましょう。

 

なぜエタノールが入ってるのか?

 

副作用が出るなら入れなくて良いですよね。しかし、育毛剤に入れる理由があるのです。

 

その① 製品の腐敗を防ぐ(長持ちさせる)

その② 油性分を水に溶けやすくする(皮脂を溶かす)

その③ 使用時の清涼感を高める(サッパリ感を高める)

その④ 高い抗菌効果を発揮する(頭皮を清潔にする)

 

この3つがエタノールの働きです。

②を詳しく解説すると、毛穴には皮脂があります。それを溶かして育毛剤を毛穴の中に浸透しやすくさせる働きがあります。

このようにエアノールには、意外と知らない効果があるのです。

 

他の悪い成分

エタノール以外にも悪い成分があります。

 

副作用を起こす成分はこれ

        役目      副作用
香料

原料の臭いの軽減

皮膚に炎症

着色量

商品を販売するためのイメージ かぶれ、痒み、色素沈着

防腐剤

製品に雑菌が繁殖するのを防ぐ 皮膚の乾燥
酸化防止剤

育毛剤の成分の酸化を防止

脱毛を引き起こす
ポリマー 液剤にとろみを出す

皮膚の乾燥

界面活性剤

水と油を馴染ませる

高濃度の物だと動機や頭痛

 

これが代表的な副作用を起こす成分です。育毛剤の効果を引き立ててくれる反面、頭皮にダメージを与える恐れもあります。

 

成分表示に注意

 

悪い成分が入ってるのが、なすべく少ない方がいいですよね。

その成分がどれだけ入ってるのかを大体わかるのが、成分表に書いてある順番です。

その成分が多く入っている順に上から書いてあります。

なので、先ほど言った成分がなるべく後ろに書いてある方がいいでしょう。

 

まとめ

エタノールは頭皮に悪い成分ですが、育毛剤に入っている理由がありました。

またその他の副作用がでる成分にもちゃんと役割があります。

副作用が心配な方は、成分表示を見てなるべく後ろに書かれているか確かめましょう。

-育毛剤を理解する

Copyright© 男の育毛塾 , 2020 All Rights Reserved.