男性ホルモンと薄毛の関係性

育毛剤が大事!男性ホルモンと薄毛の関係性を知ろう!

塾生
薄毛が男性ホルモンと関係してるの?薄毛になる原因が男性ホルモンだと聞いた事があるけど、詳しく知りたい。また、原因を解決する方法を知りたい。

 

この記事では、男性ホルモンと薄毛の関係性が理解できて、薄毛の原因を抑制する方法がわかります。

それでは、男性ホルモンと原因対策を分かりやすく解説していきます。

目次

  1. 男性ホルモンと薄毛の関係性
  2. リダクターゼ抑制する方法

 

男性ホルモンと薄毛の関係性

 

それでは、まずはじめに男性ホルモンと薄毛の関係を見ていきます。

 

原因は男性ホルモン

 

薄毛の原因は男性ホルモンが関係しています。

その中でも、男性ホルモンの一種である「テストステロン」と酵素の一種である「5αリダクターゼ」が薄毛の原因になります。

詳しく解説しましょう。まずは3つの名前とそれぞれの働きを覚えてください。

 

テストステロン → 男性ホルモンの90%を占めている。毛根の細胞を活性化して抜け毛や薄毛を防ぐ働きがある。

5αリダクターゼ → 誰もが持っている毛根の根元部分の酵素。

ジヒドロテストステロン → 髪の元である細胞を破壊し、皮脂の分泌を過剰にする。結果、頭皮の環境を悪くする。

 

これらが薄毛に関わっています。特にリダクターゼはこの中でも

薄毛を引き起こしてる真の犯人。どのようにして引き起こすのかを見ていきましょう。

 

・テストステロン + 5αリダクターゼ = ジヒドロテストステロン

 

このようにリダクターゼがテストステロンと合体するとジヒドロテストステロンに変身して薄毛を引き起こしています。

要するに、リダクターゼが居なくなれば一件落着という訳です。

じゃ、どうやってリダクターゼを退治するか。次で説明していきます。

 

リダクターゼ抑制する方法

 

リダクターゼを抑制する方法は3つあります。

 

  • 育毛剤
  • プロペシア
  • 食事

 

順番に解説していきます。

 

育毛剤

 

育毛剤で薄毛を解決できます。その理由はリダクターゼを抑制する成分入っているからです。

 

  • 昆布エキス
  • ヒオウギエキス
  • オウゴンエキス
  • キャピシル
  • プラセンタエキス                  など。

 

聞いたことがない名前かもしれないですが、これらが5αリダクターゼを抑制して脱毛を防いでくれます。


プロペシア

 

プロペシアという錠剤を飲んで薄毛を予防するというものです。特徴がこちら。

 

・5αリダクターゼを抑制してくれる成分、フィナステリドが含まれている治療薬がプロペシアです。

・効果を実感するのに半年は必要

・20代~50代の幅広い層に効果が出る

 

しかし、副作用もあります。

  • 制欲減退
  • 肝機能異常
  • 抑うつ症状
  • 食欲不振


などがあります。

効果も大きい分、副作用もあるので医師の指示に従って服用しましょう。

プロペシアについてはこちら。

飲む育毛剤!プロペシアは効果もあるが副作用にも注意

塾生プロペシアという飲む育毛剤があるらいしけど、どういう効果があるか知りたい。また、副作用もあれば知りたい。   今回は上記を深掘りしていきます。効果は大きいですが、適切に使用すれば怖くはありません。 ...

続きを見る

 

食事

 

実は食べ物にもリダクターゼを抑制する効果があります。

 

・亜鉛(生ガキ、レバー、牛肉、しじみ)

・ビタミンB6(牛肉、鶏肉、鳥レバー、魚の赤身、ピーナッツ)

・大豆(納豆、豆乳、豆腐)


育毛剤や錠剤に頼らず、食生活も見直しましょう。

 

まとめ

今回は男性ホルモンのテストステロンと、酵素のリダクターゼが原因で薄毛になるということをお話ししましたが、薄毛の原因は男性ホルモンの他に生活習慣や遺伝などがあります。

なのでまずは、タバコをやめたり脂っこい食事を減らすなど、生活習慣や食生活を見直しながら育毛剤を使ってください。

-男性ホルモンと薄毛の関係性

Copyright© 男の育毛塾 , 2020 All Rights Reserved.