食べ物で薄毛を治す

【おすすめ】亜鉛を摂取することで薄毛予防になる!

塾生
薄毛には亜鉛を摂ると良いって聞いたことあるけど、本当なの?どんなものを食べれば良いの?

 

亜鉛には薄毛を予防する効果があります。しかし、過剰摂取すると逆効果になるので1日の摂取量を守りましょう。

 

亜鉛は薄毛の予防になる

 

亜鉛は筋肉と骨に多く含まれていますが、皮膚、肝臓、膵臓、前立腺などの多くの臓器にあり、様々な酵素に関係しています。なのでとても大事な成分といえます。中でも、薄毛に効果的です。

 

亜鉛の効果

 

亜鉛の効果を見ていきましょう。

 

・食事で摂ったタンパク質を髪の毛に変えてくれる

リダクターゼを抑制する

 

このような働きがあり、薄毛を予防してくれます。

亜鉛を摂ることにより、他の栄養素が効率よく行き渡り育毛効果があります。

亜鉛が少なくなってくると、抜け毛や薄毛など頭皮にダメージが増えてきます。なので亜鉛は頭皮や髪に必要な栄養素なのです。

 

亜鉛が含まれてる食べ物

食事で亜鉛を摂取する方法が一番良いです。

 

・牡蠣

・煮干し

・豚肉、レバー

 

牡蠣=亜鉛というのはみなさんご存知かもしれません。意外ですが、煮干しにも亜鉛が含まれています。そのまま食べても良いですし、ダシにする方が効率よく摂取できます。

 

過剰摂取に注意

 

亜鉛の取りすぎには注意が必要です。ちゃんと摂取量が決まってます。

 

・男女ともに1日に30gまで

・通常は1~15g

 

過剰摂取すると副作用がでる場合があります

 

・嘔吐

・イライラ

・不安感

・食欲不振

 

たくさん摂れば良いわけではなく、1日の摂取量を守り体に悪影響を与えないようにしましょう。

 

まとめ

亜鉛は薄毛には逆効果と言われてることがありますが、1日の摂取量をしっかり守っていれば効果があります。髪の毛が育つ上で必要な成分です。過剰摂取に気をつけて亜鉛で薄毛対策をしましょう。

-食べ物で薄毛を治す

Copyright© 男の育毛塾 , 2020 All Rights Reserved.